TOP

出張土産は風俗話。ということで体験談をご紹介いたします。

風俗を使うのはモチベーション次第

風俗はその日のモチベーションによって満足度が全然違うってことくらいは自分でもよく分かっているので、なるべく自分のモチベーションが高い時に利用するようにしています。いくらでも利用出来るような環境であればそこまで気にする必要はないのかもしれませんが、やっぱりここぞという時に風俗を楽しんでいる身としては、その「ここぞ」って時に上手く風俗とモチベーションの高さを重ねたいんですよ。だからモチベーションが高いタイミングで風俗に行って、女の子に対してアグレッシブに楽しんでいます。その位の方が自分としても満足できますからね。
今日はモチベーションが高い日だからいけるなって思いつつ、また渋谷で風俗を楽しんできました。相手をしてくれたのはRちゃん。渋谷のデリヘルは何度か利用していますけど、彼女とは二回目なんですよ。実は初対面の時かなり相性が良かったんです。それ以来、いずれまた指名しようって思っていたものの、彼女もそれなりに人気の子らしくなかなか予約出来なかったんですよね。
でも風俗じゃぱん!で渋谷デリヘル検索したら待機中ですぐ逢えることが分かったので、今日は絶好のタイミングだと思い即予約しました。
さらにRちゃんは自分のことを覚えていてくれて、さらにモチベーションが高まりましたね。そうして彼女との最高の時間を、思いっきり高いモチベーションで楽しむことが出来ました。

残像まで見えるほど激しいディープスロート

ディープスロートという点で言えば前回の渋谷で出会った風俗嬢のHちゃんのテクニックがとにかく印象に残っています。一番最近の風俗だからってことではないんです。とにかく激しいんです。もちろん最初はじわりと攻めてきて徐々にこちらの快感を高めつつ、次第にヒートアップ。ラスト1分の激しさは残像が見えるんじゃないかってレベルのものでした。そこまで楽しませてもらって自分としても文句なしですよね。それに彼女の唾液のおかげで、もう下半身と彼女の顔が何が何やら分からない状況となってしまっていたんですよ。そんなことを思いつつ、気付いたら彼女のお口にがっつりと発射してしまっていました。あの残像が見えるような激しいディープスロートは自分自身でも良い記念になったんじゃないかなって思っていますし、またあれを味わいたいですね。彼女、物凄く早いものですが、決して雑って訳ではないんです。下手な子だとえずいたり痙攣したり見えるときがありますから。でも彼女は一回咥えるたびに快楽が襲ってくるんです。それもまた彼女の実力の一つなんじゃないかなと思いましたし、快感だった理由でもありますよね。